コドミン 成分 副作用

コドミンの成分や副作用について調べました。

 

気になっている方の参考になれば幸いです!

 

コドミンの成分は子供が飲んでも安全です!

コドミンの成分は、本当に子供に安全なの?
成分は本当に大丈夫か
主成分、ホスファチジルセリン(PS)にポイントを絞って、お話していきたいと思います。

 

コドミンの成分、ホスファチジルセリン(PS)は1粒に100mgも含まれています。

 

有効成分としては十分な量で、完全国内生産です。

 

落ち着きのない子供に安心して飲ませて、症状の改善効果を期待出来ます。

 

栄養機能食品あって薬ではありません。

 

コドミンの成分に副作用も有りません。

 

ホスファチジルセリン(PS)はコドミンの有効成分の1つであると同時に、リン脂質を構成する成分の1種です。

 

海外での研究により、この成分が脳の働きに良い効果があって、注意力に欠けている子に対して効果が有ると実証されています。

 

ホスファチジルセリン(PS)自体、大豆由来の天然成分なので、お子さんが食べるのは全く何の問題も有りません。

 

ホスファチジルセリン

 

ホスファチジルセリン(PS)は…

  • 硬くなった脳の細胞膜を柔らかくする効果
  • 酸素と栄養素の供給がスムーズになる効果
  • 余分な老廃物を体外に排出する効果
  • 過剰になった脳の働きを抑制・機能改・鎮静化

といった効果が期待出来ます。

 

コドミンの成分は、お子さんが飲んでも大丈夫であるのは、間違いはないです。

 

主成分である天然成分「ホスファチジルセリン(PS)」の効果を試してみてください。

 

>> コドミンの口コミレポや効果など!

 

コドミンの副作用が心配!本当に大丈夫か!?

コドミンの副作用が心配!本当に大丈夫?
副作用の心配はあるのか
ADHA(注意欠陥・多動性障害)や落ち着きのない子供向けのサプリ、コドミンに副作用の心配は有るのかについてお伝えします。

 

コドミンの主成分、ホスファジルセリン(PS)はブレインフード(脳機能改善食品)の1つ。

 

子供の落ち着きと集中サポート成分として、近年特に注目を集めています。

 

ホスファジルセリンは、大豆に0.003g程含まれているリン脂質の1種で、普通の食材にも含まれている成分です。

 

安全性は高く危険性も有りませんので、副作用の心配はないです。

 

ですが、副作用ではないのですが、食物アレルギーの人は注意が必要です。

 

このケースを除けば、子供は1日あたり100mgの摂取が目安です。

 

用量を守って摂取すれば、コドミンに副作用の心配は有りません。

 

このタブレットは小さいお子さんも好きなラムネ味

 

美味しいラムネ味

 

おやつの代わりのような感覚で食べられるので、喜んで口にするお子さんが多いです。

 

生産も、日本健康栄養食品協会による健康食品GMPの認定を受けている国内の優良工場のみで行われています。

 

それらの工場は医薬品の製造実績もある工場ばかりです。

 

医薬品並の製造や品質管理によって、細心の注意を払って製造されています。

 

医薬品を製造するように、厳重な管理下の元で製造されています。

 

コドミンに副作用の心配もなく、小さいお子さんにも安心して飲ませてあげられます。

 

ただし、アレルギーのある場合は成分を良く確かめてください。

 

 

※個人差があるため、当サイトで紹介した商品を使用したことに伴ういかなるトラブルの責任、及び、改善がなかった場合の補償などは当方では負いかねます。

page top